Archives

You are currently viewing archive for January 2019

みなさま

東京世話役の後藤です。

東京例会の2月から9月までのご案内をします。
1月例会後、運営委員会に開いて以下のようなプログラムを決定しました。
よい修練となるプログラムが続きますので、奮って出席してくださるようお願いします。
4月と6月のプログラムについては詳細も記しました。時間などの変更もありますので、ご注意ください。
直近になりましたら、さらに詳しいご案内を差し上げますが、スケジュール帳に今からご記入ください。

なお、3月例会の黙想サポーター(4名)と5・7月例会の分析批判者(各2名)を募っています。後藤までお申し出ください。

 。横娃隠糠

2月 「説教分析批判」1月例会担当の田村啓先生と渡邊賢治先生が実際に語った説教を分析批判(会場:代田教会)
3月 「第一の黙想 その2」(1月例会と同じプログラム)担当:渡邊洋子先生、江口公一先生
4月 「説教分析批判」3月例会担当の渡邊洋子先生と江口公一先生が実際に語った説教を分析批判
5月 説教塾・説教集『喜びをもって』から担当者が選んだ説教を分析批判
6月 公開講演会「説教と聖書翻訳」
7月 5月と同じ
9月 柴崎聡講演(日本キリスト教詩人会会長)「(仮題)キリスト教詩人の詩を味わう」あるいは「メタファーと詩」(依頼:平野)

◆。慣遒藁祺颪伐弾常昭先生の90歳の誕生会を行います
(1)タイムスケジュール
4月22日(月)会場:キリスト品川教会地下ホール
13;00〜17:00 4月例会 参加費:500円
18:00〜20:30 加藤常昭先生卒寿を祝う会
※ 例会を午後から行いますので、お間違いのないように。

(2)「加藤常昭先生卒寿を祝う会」ご案内
加藤先生を囲んで夕食をしながら卒寿を祝います。
塾生のスピーチや加藤先生から塾生へ愛を込めたスピーチなどを予定しています。
・ 会費1500円
・ 多くの塾生の参加をお待ちしています。
・ 翌日、説教塾全国委員会を行うこととし、全国の代表者も出席します。

 6月例会は 公開講演会として行います
6月17日(月)13:00〜16:00 @キリスト品川教会礼拝堂
主題「説教と聖書翻訳」
講師:聖書協会共同訳翻訳担当者、新改訳2017翻訳担当者
参加費:1000円
・ ふたつの新しい聖書翻訳の担当者が講演します。説教塾でしかできない興味深いプログラムです。友人や教会員をお誘いください。

2019年1月例会記録
第一の黙想を学ぶ

 発表と討議・ヨハネによる福音書第20章11~18節についての黙想 (mp3)
  田村啓の黙想 (pdf)
  安井聖の黙想 (pdf)
  松木進の黙想 (pdf)
  聖書テキスト (pdf)

 発表と討議・ルカによる福音書第6章37~49節についての黙想 (mp3)
  渡辺賢次の黙想 (pdf)
  本城仰太の黙想 (pdf)
  菊池美穂子の黙想 (pdf)

http://www.sekkyou.com/jp/branch-tokyo/

http://www.sekkyou.com/jp/membersite/03-08-00/index.php#201901


各位

北陸説教塾例会のご案内いたします。
北陸説教塾は2008年4月に発足し、2〜3ヶ月に1度、例会を行っています。
近隣にお知り合いがおられましたら、お誘いくださいますようにお願いいたします。

日時 1月24日(木)午後2時〜5時  
会場 金沢教会
会費 無料
読書レポート 加藤常昭著「出来事の言葉・説教」第3章 p108〜 担当:新藤豪
説教分析 ヨハネによる福音書19:16b−27()「主イエスはなぜ十字架に」(加藤常昭説教全集) 担当:蔦田崇志

世話人 松島保真

2019/01/16: 沖縄より

説教塾の皆様

沖縄の平良です。

沖縄説教塾1月例会の内容を変更します。

日時:1月21日(月)2pm〜
場所:安慶名バプテスト教会
内容:左近先生の説教を聴く。説教題「愛は落ち着かない」についてディスカッションをする。
    これまで、MLで語られた内容を踏まえ、この説教と説教題について話し合う。

★MLで良き報告ができればと願っています。

※今回予定していた「説教への道」読書会、具志堅篤の説教を聴く、は3月に変更する。
※沖縄説教セミナー(2/25〜28)について準備、調整を行う。

沖縄説教塾事務局
  平良善郎

説教塾の皆さま

主の御名を讃美いたします。
新年を迎え、皆さま、思いを新たに伝道牧会の働き、そして何よりも説教の研鑽に励んでおられることと思います。

大変遅くなりましたが、3月4日(月)〜7日(木)に「福岡黙想の家」(福岡県宗像市)で行われる九州説教セミナーの案内をお送りいたします。
今回も吉村和雄先生を講師に、ヨハネの黙示録第21章1〜7節の御言葉に聴き、共同の黙想、説教作成、説教聴聞と分析批評を行います。
九州近辺の皆さまは、どうぞ奮ってご参加ください。

在主
北九州説教塾 相原典之
東京近郊ならびに全国のみなさま

東京例会の世話役の後藤です。
2018年の東京例会、みなさまのお祈りに支えられました。ありがとうございました。
2019年の東京例会は「1−2月:第一の黙想」「3−4月:説教集『喜びをもって』掲載の説教分析批判」を予定しています。引き続き祈り支えてくださるようお願いします。また、2月以降の発表者の希望者を募ります。東京例会での発表は貴重な学びになります。加藤常昭先生の分析批評を直接受けることができる恵みの座でもあるからです。この恵みの機会を多くのメンバーに分かち合いたいと思っています。積極的に申し出てくださることを大いにお勧めいたします。

2019年の東京例会の案内をいたします。
主題:第一の黙想
日時:2019年1月28日(月)10:30〜16:00
会場:キリスト品川教会地下ホール
会費:500円

プログラム
午前
担当:田村啓 テキスト:ヨハネ20:11−18
午後
担当:渡辺賢次 テキスト:未定

プログラムの詳細について
上半期に行った説教作成の報告において第一の黙想に大きな課題があることが指摘されました。そこで、新年は1月と2月の例会を使って第一の黙想の学びから始めます。今回の学びの目的は、第一の黙想がズレずに豊かにできるようになることです。そのためにひとりの塾生(説教者)の説教テキストの第一の黙想を例会で共同黙想をすることを考えました。また説教者の第一の黙想を深めるために、ふたりの黙想サポーターも同じテキストで第一の黙想を発表します。例会後、第一の黙想が説教にどう生かされるかも検討します。