東京近郊のみなさま

新年早々、今日、インターネット中継もある読書会が開かれ、
説教塾にとって恵み豊かな年の幕開けの出来事となるでしょう。

さて、遅くなってしまいごめんなさい。
私からは2018年1月の東京例会のご案内をいたします。

加藤常昭先生のメイルにありましたように、
東京例会では、2018年夏までの半年間、
説教準備から説教までの報告を聞き、それを検討するプログラムを行います。

具体的なプログラムはこうです。
担当者が説教準備から説教までを記録に留めて報告します。
つまり報告者が第一の黙想、釈義、第二の黙想、説教をすべて報告できるように準備します。
それを例会で報告し、参加者みなで検討議論するプログラムです。
塾生の説教の課題を見い出し、説教の成長のために改善提案をするためのプログラムです。

これは加藤常昭先生からの提案でした。
どこに説教の課題があるかを準備の過程から検討しようというものです。
おそらく加藤常昭先生は説教批評を繰り返しても、
なかなか塾生の説教が成長しないと思っておられたのでしょう。
加藤常昭先生は「ちょっと荒療治だが・・・」と言っておられました。

1月担当の恵みは私、後藤がいただきました。よろしくお願いします。

日時:2018年1月15日 10:30〜16:00
会場:キリスト品川教会 地下ホール
会費:500円

どうぞ、お越しくださり、よきご意見をいただければと思っております。

新しい年の説教塾の学びに祝福が豊かにありますように。

世話人 後藤弘