Archives

You are currently viewing archive for February 2017

十字架の神学
  - 詩編第88篇の説教をめぐって
    郷家一二三

  加藤さゆり伝道師の説教「親しいのは暗闇のみ」の分析と討議 (mp3)
  詩編第88編を巡る討議 (mp3)
    加藤さゆり師の説教本文 (pdf)
    郷家一二三による分析 (pdf)
    詩編88篇について(ブルッゲマン) (pdf)

塾生のページ>共同研究シリーズ>十字架の神学
  http://www.sekkyou.com/jp/membersite/03-14-00/index.php#201702



みなさま

〇 東京セミナーのご案内

日程:5月8−11日
テキスト:ルカによる福音書第10章25〜37節「憐れみ深いサマリヤ人」
講師:加藤常昭
会場:東京・小金井「聖霊修道院」(JR中央線・武蔵小金井)

昨年までの吉祥寺の施設が使えなくなり、会場を移すことになりました。3月上旬に修道院と打合せをしますので、定員や参加費など詳細は改めてお知らせします。
今回のテキストは福音書だけではなく聖書の急所のひとつである箇所が選ばれています。加藤常昭先生のご指導のもと、かけがえのない学びになることは間違いありません。無理をおしてでも参加することをお勧めいたします。予約受付を始めますので、申し込みください。

世話役 後藤弘



〇 3月から5月までの東京例会のお知らせです。3回連続で「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」説教を取り上げ、十字架の神学を学び続けます。続けてご参加いただけると、十字架説教の極意を学ぶことできると確信しています。(なお、4月と5月のプログラムが入れ替わりました)

3月6日(月)
主題:十字架の神学を極める「マルコ15:34説教」
 説教:高橋誠
 分析:田村啓
 司会:徳田宣義

4月17日(月)
主題:十字架の神学を極める「マルコ15:34説教」
 説教:加藤常昭
 分析:三浦陽子

5月22日(月)
主題:十字架の神学を極める「マタイ27:46説教」
 説教:平野克己
 分析:田村毅朗

説教塾の皆様

いよいよ、沖縄説教セミナーが下記の日程で行われます。
祝福されたセミナーとなりますよう覚えてお祈り下さい。

 記

日時:2017年2月27日(月)13時〜3月2日(木)15時
場所:聖クララ修道院「祈りの家」(与那原カトリック教会)
講師:吉村和雄


沖縄説教塾事務局
 平良善郎



説教塾の皆様

信州説教塾、冬の例会が2月13日(月)に行われました。
初参加の方を1名加え、参加者は8名でした。

信州説教塾では、『説教黙想集成』のザアカイの箇所を一年がかりで黙想をし続けてきました。
今回の例会では、実際にザアカイの箇所から説教をされた三人の説教分析・批評を行いました。

次回の春の例会は2017年4月24日(月)10:30から、松本東教会にて行います。
皆さまのお知り合いで、信州に赴任される方がありましたら、ぜひ信州説教塾にお誘いください。
よろしくお願いいたします。

---
本城仰太




塾生各位

説教塾は今年開設30周年を迎えます。
それを記念してシンポジウムを開催します。
今回のシンポジウムの主題は「日本の伝道を切り拓く説教」です。
日本の地に福音を伝える道を切り拓く説教とはどのようなものか。
これは日本の説教者として立てられているわたしたちすべてが普段から考え、またそれを求めて苦労しているところです。
今回のシンポジウムは、この主題を巡って全国の塾生が研究発表をする場として、
個人として、また地域の説教塾として取り組み、また研究してきたことを発表し合うこととしました。
説教塾の仲間が、どのように日本の伝道を考え、それを切り拓く説教と取り組んでいるかを知ることによって、
塾生の皆さんがそれぞれ自分の伝道を考え、説教への道を見出していただくことが第一の目的です。
またこういう機会を通して、普段は別々に活動している塾生が、一同に会して交わりを深めることも、
説教塾の今後の働きにとっては、大きな意味があると思います。
どうぞふるってご参加ください。

申込みは、メールで事務局まで。


日 時 2017年11月20日(月)〜23日(木・祝日)
場 所 代々木・オリンピック記念青少年センター(23日はキリスト品川教会)
参加費 3泊4日で18000円 (宿泊なしの場合、一般は5000円、神学生は2000円)

詳細は添付の案内をご覧ください。

説教塾事務局 吉村和雄


http://www.sekkyou.com/jp/30th/







東北説教塾例会の報告です。

1月30日(月)の13時〜16時まで
日本基督教団仙台東教会において東北説教塾例会が行われました。
説教聴聞は、戸井田栄牧師。今年度で転任が決まっておられる戸井田先生の説教はヨブ記第40章1−14節「苦難の中の希望」。長い間黙想しておられるだけあって、大いなる神の救いが感じられる説教でした。「自分の苦難は神様に知られている!すべて完全に!」この言葉に至る過程がダイナミックでした。
今回は初めて出席の先生がおられました。
感謝です。

読書会は、栗田三郎牧師の導きによって「説教をめぐる知恵の言葉(上)」の最後の文書、リチャード・B・ヘイズによる「信頼の解釈学」を読みました。
「彼はテキストを愛していた。」文学批評の方法からみ言葉を信頼する姿勢の励ましが響きました。震災前から足かけ7年ほどかけて読んだ本です。とりあえず読み終えることができました。次回からは、「説教への道」を読み始めます。加藤先生の説教への愛を感得します。


次回は下記のように開催予定です。

とき:2017年3月27日(月)13時〜16時
場所:日本基督教団東北教区センター 「エマオ」
説 教担当:千田俊昭牧師
読書担当:中井利洋牧師「説教への道」

東北説教塾の皆様、お集まりください。

                  世話人 仙台東教会 中井利洋


北九州説教塾より

北九州説教塾の相原です。
去る1月31日(火)に日本キリスト教団福岡中部教会にて例会を行いました。出席者は6名。第1部は説教聴聞と分析・批評をしました。第2部の読書会では、『現代説教批判』を読みました。

下記に次回例会の案内と九州説教セミナーのご案内をいたします。九州での貴重な学びの機会ですので、奮ってご参加ください。


次回例会
日時:3月21日(火)午後1時〜4時半
 ※転任される古屋牧師を囲んでの昼食会(外食)を行います。参加される方は、午前11時までに福岡中部教会にお出でください。
会場:日本キリスト教団福岡中部教会(古屋治雄牧師)
内容:(1)説教聴聞と分析・批評(説教者:福田英樹牧師、分析・批評担当:相原典之牧師)
    (2)読書会:『現代説教批判』(ヨズッティス)

第20回九州説教セミナー
日時:3月27日(月)13時半受付〜30日(木)15時半
会場:「福岡黙想の家」(福岡県宗像市)
講師:吉村和雄先生
テキスト:ガラテヤの信徒への手紙第2章15〜21節
参加費:25,000円

問い合わせ:相原典之



1月の東京説教塾例会
日時 2017年1月30日
 
  主題 「伝道説教のパラダイムシフト?」

    講演・平野克己「伝道説教のパラダイムシフト?」(mp3)
    ウィリモンの説教「この者たちは誰か?」を巡って(mp3)
      資料・平野牧師の講演(pdf)
      資料・ウィリモンの説教とハワーワスの批評(pdf)
      資料・金田佐久子牧師による説教分析(pdf)
      資料・中村慎太牧師による説教分析(pdf)


塾生のページ>共同研究シリーズ>海外の説教
http://www.sekkyou.com/jp/membersite/03-12-00/index.php#201701



東京説教塾の記録
http://www.sekkyou.com/jp/branch-tokyo/index.php#kiroku




2017/02/01: 東京例会の案内

塾生のみなさま

主の御名を賛美します。

2月から7月までの東京例会の案内をします。昨日の例会後、運営委員会でプログラムについて話し合いました。2月から5月までは「十字架の神学」を学んでいきます。主の十字架の叫び「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」(「マルコ15:34」あるいは「マタイ27:46」)を主題とした説教を分析批評しながら、十字架の神学の急所に迫りたいと思っています。必ずや濃い学びになることでしょう、ご期待ください。そして6月と7月は説教塾の主題でもある黙想を深めることになりました。


2月20日(月)
主題:「十字架の神学――詩編88編のさゆり先生説教とブルッゲマン釈義から」
担当:郷家一二三(日本ホーリネス教団坂戸キリスト教会)
司会:鈴木英夫(日本ホーリネス教団成田教会)

3月6日(月)
主題:十字架の神学を極める「マルコ15:34説教」
説教:高橋誠(日本ホーリネス教団八王子教会)
分析:田村啓(日本アライアンス教団東京キリスト教会)
司会:徳田宣義(日本基督教団桜新町教会)

4月17日(月)
主題:十字架の神学を極める「マタイ27:46説教」
説教:平野克己(日本基督教団代田教会)

5月22日(月)
主題:十字架の神学を極める「マルコ15:34説教」
説教:加藤常昭(神学者)
分析:三浦陽子(日本同盟基督教団安中聖書教会)

6月19日(月)
主題:第一の黙想の実践
担当:吉村和雄(キリスト品川教会)

7月10日(月)
主題:第二の黙想から説教へ
担当:平野克己(日本基督教団代田教会)


いずれの例会も、会場はキリスト品川教会、時間は10時30分から16時まで、参加費は500円です。