Archives

You are currently viewing archive for 18 November 2014
さゆり先生の葬儀後にカンバーランド成瀬でなされた加藤先生の説教の音声を頂きました。


  説教日:2014年10月26日
  教会:カンバーランド長老教会 成瀬教会
  題:「死に勝利して我らは生きる!」
  聖書箇所:汽灰螢鵐硲隠機В毅亜檻毅検∋輅圈。隠掘В供檻隠
  説教者:加藤常昭


 さゆり先生コーナー
  http://www.sekkyou.com/jp/special12/

 加藤常昭説教集
  http://www.sekkyou.com/jp/membersite/04-05-00/

11月17日の東京例会の録音と資料

 テーマ:雨宮慧神父による講演 「敵も神の道具ー詩編25」

    詩編25の釈義を中心とした講演と質疑(mp3)
    ヘブライ語の語義の解説と質疑(mp3)
     詩編25の私訳(pdf)
     詩編25の解説(pdf)
     ヘブライ語の動詞と名詞の解説(pdf)


東京説教塾
 http://www.sekkyou.com/jp/branch-tokyo/index.php#kiroku
塾生ページ>全国説教塾>雨宮慧神父講演
 http://www.sekkyou.com/jp/membersite/01-02-02/index.php#20141118


皆さま

2015年1〜4月までの例会の予定をご案内します。

有意義なプログラムを用意しました。ぜひ、お越しください。

いずれも、時間は10:30〜14:00まで、
場所は、キリスト品川教会地下ホールです。

○ 1月5日(月)
・ 『ドイツ告白教会の説教』を読む。
・ 講師:平野克己(日本基督教団代田教会)
・ 学生説教塾で神学生と一緒に読んで熱くなっている平野先生が導きます。

○ 2月9日(月)
・ 「説教批評の実践法」
・ 指導:加藤常昭
・ 説教批評を身につけるために、加藤常昭が指導してくださいます。

○ 3月9日(月)
・ 『魂への配慮としての説教』を読む
・ 講師:小泉健(東京神学大学准教授)
・ 11月19日にクリスティアン・メラー著『魂への配慮としての説教──12の神学的・自伝的出会い』が教文館から刊行されます。
・ 本の内容は、フォン・ラート、ルター、イーヴァント、バルト、ボンヘッファー、ボーレン、加藤常昭などが取り上げられ、メラー先生が彼らとどのように出会ったか、また何を学んだかが、とても分かりやすく書かれています。目次を添付しました。
・ 翻訳者の小泉健先生がこの本を紹介し、共同討議します。
・ 12月1日の公開講演会で、著者割引で販売しますので、3月の例会に備えていただければと思っています。

○ 4月27日(月)
・ 講演題:未定
・ 講師:リチャード・ヘイズ
・ プロフィール(『新約聖書のモラル・ヴィジョン 共同体・十字架・新しい創造』より)1948年、米国オクラホマ州に生まれる。70年、イェール大学英文学部(B.A.)、77年に神学部を卒業(M.Div.)。81年、エモリー大学大学院で博士課程修了(Ph.D.新約聖書学)。イェール大学神学部で新約聖書学助教授(81‐84年)、准教授(84‐91年)を務めたのち、91年にデューク大学神学部に移り、96年、新約聖書学教授、2002年にはジョージ・ワシントン・アイヴィー新約聖書学教授に就任し、現在に至る。2010年からはデューク大学神学部長を兼任