Archives

You are currently viewing archive for September 2014
関西説教塾です。

明後日の例会の予定が、急遽変更になりましたので、お知らせいたします。

午前の部:説教分析
荒木太一(日本聖公会京都教区 上野聖ヨハネ教会牧師) の説教を
禰津省一(日本キリスト改革派大屋教会牧師) が分析する 

予定でしたが、荒木先生は、葬儀司式の御用が入りましたので、
来月以降に延期とします。


替わりまして、

加藤さゆり先生の説教を聴聞いたします。

「詩と賛美と霊の歌を」(『主が、新しい歌を』256頁〜収録)

今から、主たる分析者を宛がうことができないので、
ご一緒にこの説教を聴聞し、学びたいと思います。
礼拝の音声も準備する予定ですので、ご期待下さい。

会場、開始時刻、午後の予定には変更ありません。


メンバーの皆様、
突然の変更、ご容赦ください。
主の日の礼拝が祝されますようにお祈り申し上げます。



山田晃美



説教塾の皆さま

 
 ご報告が遅くなりましたが、9月9日(火)に日本キリスト教団福岡中部教会にて例会を開きました。参加者は、7名。浦肇牧師(日本バプテスト連盟佐賀キリスト教会)が8月の平和月間にされた説教『キリストの平和』(エペソ2:14〜18)を、疋田義也伝道師(福岡中部教会)が担当して分析批評をしました。続いて『信仰論』(イミンク著)の読書会をし、p.400〜p.406を読みました(小見出し“パブリックな語りかけとしての説教”)。私は、「(説教者が)意図しているのは、聴かれること、理解されることであり、そこで何かを達成したいという意欲を抱いているのである。」(p.400)との言葉に心惹かれました。何かを達成したいという意欲が、聴衆への黙想を深め、名による言葉を獲得する黙想をうながし、レトリックや語り口への修練を深める努力につながるように思います。


次回例会案内
日時:11月25日(火)午後2時〜5時
会場:日本キリスト教団福岡中部教会(古屋治雄牧師)
内容:\盒議以后弊盒擬圈Ц轍絢M宰匯奸砲畔析・批評(担当:浦肇牧師)◆愎仰論』(イミンク著)読書会 p.407〜

九州説教セミナー案内
日時:2015年3月23日(月〜26日(木)
会場:福岡黙想の家(福岡県宗像市)
講師:吉村和雄先生
テキスト:未定
参加費:25,000円

問い合わせ:相原典之





関西説教塾からご案内です。

来週は例会があります。
近隣の先生方、ご出席をお待ちしております。

9月29日(月)11:00〜神港教会にて

午前の部:説教分析
荒木太一(日本聖公会京都教区 上野聖ヨハネ教会牧師) の説教を
禰津省一(日本キリスト改革派大屋教会牧師) が分析します。

午後の部:読書会

イーヴァント『説教学講義』 第3章 選びと結合 120頁〜 




次々回以降の例会

10月27日(月)午前11:00〜 神港教会にて
平野克己先生をお招きして行います。
11:00〜1:00 通常通り、説教分析。担当は未定
2:00〜3:30 平野先生の講演、ディスカッション。

【講演題】「続・いま、アメリカの説教学は:日本からの問いかけ、日本への問いかけ・説教を行う場としての教会」
【講演主旨】
2003年、米国・デューク大学の滞在から10年。2013年の秋に同じデューク大学で過ごし、

リチャード・リシャー、ウィリアム・ウィリモン、チャールズ・キャンベル各教授と旧交を温めながら、説教学の学びをしてきました。
2003年の留学については、『いま、アメリカの説教学は』(説教塾ブックレット4)に記しましたが、昨年秋の滞在を振り返りながら、日本の教会の説教に、いま何が必要であるのかを、ごいっしょに考えたいと思います。

ご期待下さい。


山田晃美

東北説教塾の皆様
全国説教塾の皆様

下記の通り、東北説教塾例会を行いますので、ぜひご出席ください。

時:2014年9月29日(月) 13:00〜16:00
場所:日本基督教団東北教区センター「エマオ」2F
内容:説教聴聞 千田俊夫先生
    読書会   山元克之先生
10月の予定について 


すでにご案内しましたように、
奥羽説教塾と東北説教塾共催の盛岡説教セミナーは、
10月21日(火)〜24日(金)に
盛岡シャルトル修道院で開催予定です。
加藤常昭先生がご指導してくださる予定です。
是非、ご参加ください。


               東北説教塾 中井利洋
東京例会ならびに全国の塾生の皆さま

10月例会の詳細が決まりましたので、ご案内いたします。

主題は「加藤さゆり先生の説教批評」です。

取り上げる説教は、
加藤さゆり説教集『主が、新しい歌を』に掲載されている
「主の任命」です。(275ページ)
例会では、さゆり先生が語られた礼拝の録音があるので、
その説教音声を聴いてから、分析批評していきます。分析批評者の楠原彰子先生は、この説教をライブで聞いておられます。

敬愛するさゆり先生の説教の言葉を心に刻みたいと願って企画しました。

午前
さゆり先生説教の聴聞
楠原彰子先生(日本基督教団 武山教会)による説教分析批評
質疑応答

午後
3時まで、さゆり先生の説教についての共同討議
3時から4時まで 神学研究についての討議
平野先生、吉村先生が、30分程度のプレゼンテーションをします。
その後、質疑応答、共同討議になります。

神学研究について一言説明します。
2017年開催予定の説教塾シンポジュームに向けて、
各説教塾が神学研究をします。
個人の研究でもかまいません。
その研究成果をシンポジュームで発題します。
例会では東京説教塾としてどう取り組むかを話し合います。
それぞれ考えて来ていただけると
実のある議論になると思いますので、
よろしくお願いします。

世話役 後藤弘
説教塾の皆さま

11月と12月に予定している東京説教塾主催の秋の公開講演会が近づきました。
皆さま楽しみにしておられると思いますが、12月の講師の変更をお知らせいたします。

12月は、講師に天野有先生をお迎えする予定でした。
天野先生はバルト説教の非常に興味深いご講演を準備されていましたが、
やむを得ないご都合により来年に延期することになりました。

そこで、急遽ですが、東方敬信先生が来ていただくことになりました。
仮題ですが「ポスト・リベラリズムの神学と説教」というご講演をしてくださいます。
興味深く刺激的な講演になると思いますので、期待してご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋の公開講演会を改めてご案内します。

11月17日(月) 
講師:雨宮慧神父(カトリック東京教区司祭)
主題:(仮題)旧約聖書と説教


12月 1日(月) 
講師:東方敬信先生(青山学院大学名誉教授)
主題:(仮題)ポスト・リベラリズムの神学と説教

会場はどちらもキリスト品川教会地下ホール、参加費は1000円です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお参考までに、東方先生のプロフィールを青山学院大学のホームページからの転載しておきます。

東方 敬信 [Yoshinobu Tobo]
青山学院大学 名誉教授(総合文化政策学部)
青山学院大学。東京神学大学修士課程修了。デューク大学客員教員。日本基督教団銀座教会副牧師、経堂緑岡教会牧師、富士見丘教会牧師、青山学院大学宗教主任・総合文化政策学部教授を経て、現在青山学院大学名誉教授。専門分野はキリスト教神学。主な著書『H・リチャード・ニーバーの神学』『キリスト教と生命倫理』『物語の神学とキリスト教倫理』『神の国と経済倫理』『文明の衝突とキリスト教』。訳書G・カウフマン『核時代の神学』、J・ガスタフソン『キリスト教倫理は可能か』、S・ハワーワス『平和を可能にする神の国』『美徳の中のキリスト者』その他。
説教塾の皆様

沖縄の平良です。

沖縄説教塾9月例会の案内を致します。

日時:2014年9月18日(木)2pm(当初22日に予定していましたが、18日に変更いたします)
場所:那覇ホーリネス教会

内容:
1.説教 村上宣道牧師 (坂戸教会)[那覇ホーリネス教会説教録音]
2.第一印象からディスカッションへ
3.村上宣道牧師説教分析報告(辻林和己牧師[那覇平安教会])
4.説教塾開塾30周年記念シンポ ジウムの件
5.祈り




※沖縄説教セミナーについて
日時:2014年10月6日(月)〜9日(木)
場所:聖クララ修道院
講師:吉村和雄牧師(単立キリスト品川教会)

まだ、人数の枠があります。ぜひ、沖縄へお越し下さい。

説教を学び、また、沖縄の現実をご覧ください。

☆詳細は添付資料をご覧ください。
http://www.sekkyou.com/20141006.rtf


沖縄説教塾の歩みを覚えて、お祈り下さい。

沖縄説教塾事務局
 安慶名バプテスト教会 平良善郎












日時:2014年10月6日(月)〜9日(木)
場所:聖クララ修道院
講師:吉村和雄牧師(単立キリスト品川教会)
説教塾の皆さま

 主の御名を賛美します。

 盛岡セミナーのご案内を添付ファイルにてお送りします。
 よろしくお願いします。

在主
                  山形本町教会 石井佑二


   2014盛岡説教者トレーニングセミナー申込書




2014年9月1日  東京説教塾例会


郷家一二三牧師の説教 「望み得ないのに、なおも望みつつ信じる」の分析・批評

   説教の聴聞、徳田宣義牧師の分析発表 (wma)
   説教分析を巡る討議 (wma)
   説教本文 (pdf)
   徳田牧師の分析・批評 (pdf)


塾生のページ>共同研究シリーズ>説教分析
  http://www.sekkyou.com/jp/membersite/03-02-00/index.php#20140902


東京説教塾と他の例会、セミナー記録
   http://www.sekkyou.com/jp/branch-tokyo/index.php#kiroku





みなさまへ

北陸説教塾の例会を以下のように予定しています。
毎回5〜6名が集い、学びを続けています。
直前のご案内で申し訳ありませんが、
近くにお知り合いの方がいましたら、
ぜひ参加を呼びかけてください。
よろしくお願いします。

◎北陸説教塾例会 
  ※HPとは日時が違いますので、ご注意ください。

  日時:9月9日(火)午後2時ー5時
  場所:日本基督教団 金沢教会
  参加費:無料
  読書会 加藤常昭著「愛の手紙・説教」(教文館)第五の考察  
             担当:松島保真牧師(小松教会)
  説教分析 担当:堀江明夫牧師(金沢元町教会)

世話人 松島保真

2014/09/01: ふたつのご案内

説教塾の皆さま


東京例会世話人の後藤弘です。

ふたつのご案内がございます。

(1)説教批評の資料アップについて
(2)10−12月の東京例会について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)2013年学生説教塾「加藤常昭『説教批判説教分析』講義Л─廚鬘硲个縫▲奪廚靴泙靴拭

Л┐箸癲△修譴召譟⊇餤し原稿pdfと音声mp3のファイルがあります。
時間のある方は音声で、多忙な方は原稿で学べるようにしました。

Г蓮∪盒喫析の方法について。
┐蓮∪盒喫析の四つの言葉について。

とても有意義な学びができると思いますので、どうぞ、お用いください。URLです。

http://www.sekkyou.com/jp/membersite/03-02-00/


また、このように辿れば行き着きます。
「HPトップ」→「塾生のページ」→「共同研究シリーズ」→「説教分析」

※ アップが遅れてしまい申し訳ありませんでした。
東京例会の方々は、10月例会までに読んでくださるようお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(2)10−12月例会について

10月20日(月) 

主題:加藤さゆり先生の説教を批評

批評者:楠原彰子(日本基督教団 武山教会)ほか一名の予定

※ 実際にさゆり先生の説教を聞いて育った方が、
説教集『主が、新しい歌を』から説教を選んで批評します。
説教塾らしく、さゆり先生の説教の言葉を心に刻みながら、
さゆり先生の記念としたいと思ってます。

会場:品川キリスト教会 地下ホール
時間:10時30分から16時まで
参加費:500円




11月と12月は「秋の公開講演会」として行います。

場所・時間:例会と同じ
参加費:1000円


11月17日(月) 
講師:雨宮慧神父(カトリック東京教区司祭)
主題:(仮題)旧約聖書と説教

12月 1日(月) 
講師:天野有先生(西南学院大学神学部教授、『バルトセレクション』編訳)
主題:(仮題)バルト説教について