Archives

You are currently viewing archive for September 2013
説教塾の皆様

沖縄の平良です。

いよいよ「2013年沖縄説教セミナー」が10月7〜10日の日程で行われます。

皆さまの祈りと励ましの中で、募集していました20名の参加者が与えられました。

お祈り感謝致します。

沖縄説教セミナーが祝されますよう、覚えてお祈り下さい。

沖縄説教塾事務局
 安慶名バプテスト教会 平良善郎

東京説教塾からのご案内

9月から12月までの例会の案内をいたします。東京近郊の塾生の皆さま、ぜひ、お出でくださって、共に学ぶ恵みに与りましょう。



・・・9月の例会・・・

9月30日(月)、すでにご案内しておりますように、ハイデルベルク信仰問答の発刊から450年の記念の年として、公開講演会「ハイデルベルク信仰問答と日本の教会」を教文館との共催で行います。詳しくはホームページをご覧ください。

日 時:2013年9月30日(月)10:30〜15:00(会場10:00)
場 所:キリスト品川教会礼拝堂
対象者:教職者、神学生、信徒
入場料:1,000円

日々、期待が膨らんでおりますが、もうお仲間をお誘いになられたでしょうか。今回の講演会は、牧師だけで聴くにはもったいないです。教会の仲間といっしょに聴くと、改めて「教会と説教」「説教塾」について考えることができる良い機会になるでしょう。 

加藤常昭先生もセミナーなどいろいろなところで「ぜひ、教会の長老や役員、そして教会員を誘って欲しい」と案内されています。

FEBCのホームページに楽しい案内のページがありますので、お仲間を誘う時にお使いください。http://yona.febcjp.com/2013/06/14/heidelberg/

また、説教塾献金月間の案内といっしょに講演会のちらしが届いていると思いますが、ちらしが必要な方は、説教塾ホームページからダウンロードしてお使いください。

もう読まれた方も多いと思いますが、講演を聴く備えとして、お勧めの文章があります。

『季刊教会』の2013年春期http://www.kaichokyo.jp/qk/qk90.htmに「ハイデルベルク信仰問答450年を記念して」という特集が組まれ、今回の講演会のおふたりの講師が執筆しております。おふたりのタイトルをご紹介しておきます。

 〇 吉田隆『ハイデルベルク信仰問答の今日的意義』
 〇 加藤常昭『いのちのカテキズム ハイデルベルク信仰問答刊行450年記念のときに』

加藤先生の文章の小タイトルはこうです。「わたしの提案」「ハイデルベルク信仰問答は何をしているか」「いのちのカテキズム」です。依頼されたページ数を越えてしまったそうです。それだけ力の入ったものです。この中からも語られるでしょう。

ここは声を潜めて書きます。加藤常昭先生の講演原稿は手元にありませんが、加藤常昭先生が講演会の応答者のために書いてくださった「語り合いのために」という文章から、講演(説教塾)の基本的な姿勢が記されていましたので、少しご紹介してしまいます。わたしひとりでワクワクしていても申し訳ないと思い、イエローカードになりそうですが、私たちの聴く姿勢が整えられると思いましたので。要約ではなく抜粋です!

「私の発言を規定するペースペクティヴとなるのは、ひとつは日本における説教者(伝道者)のペースペクティヴであり、もうひとつは説教塾に生きる者のペースペクティヴです。」「福音を正しく説く説教は力を発揮します。力のない説教は正しさまで問われます。正しく福音の真理を語り、しかもそれ故に力を発揮している言葉、そのひとつの典型をハイデルベルク信仰問答に見出します。そのようなハイデルベルク信仰問答の言葉の特質(秘密)をどこに見出すか。それを共に語り合ってみませんか。」「既に創塾25年を数え、しかも、塾生たちの交わりは濃いものであり、なかには、自分の教派のなかでは見出しがたい友情をここで味わうというのです。」「説教を学びながら、「何を語るか」、「われわれが語る福音とは何か」という問いが常に中心にあります。その福音をどのように説教するのか、ということを問います。そもそも説教とは何かという問いに答えるのは、きわめて教理的な答えでしかありません。25年の共同学習を通じて、説教塾はその神学的な姿勢を整えつつあります。」

吉田隆講演、加藤常昭講演、共に楽しみです。では、期待に胸をいっぱい膨らませて、品川でお会いしましょう。





・・・10−12月の例会のご案内・・・

なかなか、講師が決まらず、案内が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。11月、12月の講演題は決まり次第お知らせします。

10月は、9月30日行われる「ハイデルベルク信仰問答450周年記念講演会」で行われる講演を、聴くだけに終わらせず、いっしょに理解を深めたいと思っております。午前、発題をしてくださる楠原博行先生は大森講座でハイデルベルク信仰問答について講演されました。この講演が近日刊行されます。また、ずっとハイデルベルク信仰問答から説教することを実践してこられました。その取り組みを基に、今回の記念講演会でなされる講演の理解を深めるための発題をしてくださいます。

11月と12月は、久しぶりの公開講演会になります。説教塾の働きを知ってもらう目的もありますので、お仲間をお誘いの上、どうぞ、お越しください。



10月例会
 ‘時:10月21日(月) 10:30〜16:00
◆_饐譟Дリスト品川教会 
 主題:ハイデルベルク信仰問答記念講演の理解を深める
ぁ.廛蹈哀薀燹Ц畫亜嵌題:楠原博行(日本基督教団浦賀教会牧師)」午後「共同討論」



11月 公開講演会
 ‘時:11月18日(月) 10:30〜16:00
◆_饐譟Дリスト品川教会 
 講師:雨宮慧(カトリック東京教区司祭)
ぁー臑蝓А焚勝法峙賁鸚蚕颪叛盒機
ァ〇臆暖顱В隠娃娃葦



12月 公開講演会
 ‘時:12月2日(月) 10:30〜16:00
◆_饐譟Дリスト品川教会 
 講師:小友聡(東京神学大学教授、日本基督教団中村町教会牧師、コヘレトの言葉の研究者)
ぁー臑蝓А焚勝法屮灰悒譽箸慮斥佞叛盒機
ァ〇臆暖顱В隠娃娃葦


東京説教塾 東京例会 世話人 後藤弘


東京近郊の塾生の皆さまへ 

2014年1−3月の東京例会の予定が決まりました。

再度、詳しくご案内させていただきますので、今日は日程と内容を簡潔に報告させていただきます。ぜひ、ご予定に入れてくださるようお願いします。

日程はキリスト品川教会と加藤常昭先生のご都合て決めさせていただきましたので、ご了承をお願いします。

1月の例会だけ、会場が代田教会となりますので、ご注意ください。

東京例会 世話人 後藤弘




1月例会 

 ‘時:1月6日(月)10:30〜16:00
◆_饐譟代田教会
 主題:説教学習(平野先生のアメリカでの学習報告を兼ねて)
ぁ.廛蹈哀薀燹Ц畫亜嵎震邱邯聞岷蕁弩畍紂孱果召糧題と共同討論」



2月例会

 ‘時:2月17日(月)10:30〜16:00
◆_饐譟Дリスト品川教会 
 主題:加藤常昭著 『キリストの教会はこのように葬り、このように語る』から学ぶ
ぁ.廛蹈哀薀燹Ц畫亜孱果召糧題」午後「共同討論」



3月例会

 ‘時:3月10日(月)10:30〜16:00
◆_饐譟Дリスト品川教会 
 主題:加藤常昭著『慰めのコイノーニア』から学ぶ
ぁ.廛蹈哀薀燹Ц畫亜孱果召糧題」午後「共同討論」



2013/09/12: 沖縄説教塾より

説教塾の皆様

沖縄の平良です。

★沖縄説教セミナーは現在17名が参加者が申し込んでいます(定員20名)。
あと、3名まで受け付けます。お早めに申し込み下さい。



★沖縄説教塾9月例会の報告を致します。

日時:2013年9月9日(月)午後2時
場所:那覇ホーリネス教会

内容:
1.説教 荷川取順市牧師(高原ホーリネス教会)
     (イザヤ28:16)
2.第一印象
3.沖縄説教セミナーについて
4.読書会「まことの説教を求めて」



※沖縄説教セミナーが祝福のうちに導かれますようお祈り下さい。
また、講師の吉村和雄先生が豊かに用いられますよう、覚えてお祈り下さい。

沖縄説教塾事務局
 安慶名バプテスト教会 平良善郎


説教塾スクールのプロトコール9月9日のデータの改訂版をアップしました。


http://www.sekkyou.com/jp/membersite/08-00-00/



皆さま

本日行われた説教塾スクールのプロトコールをお送りいたします。

宮井岳彦


http://www.sekkyou.com/jp/membersite/08-00-00/
説教塾の皆さま

北九州説教塾の相原です。ご報告が遅くなりましたが、8月27日(火)に福岡中部教会にて例会を行いました。出席者は、4名でした。
前半は、大野恵正先生の礼拝説教『いのちを生きる』(ヨハネ4:46〜54)の録音を聞き、分析批評をしました(担当:富樫史朗牧師)。長年の牧会経験に支えられた慰め豊かな説教で、神の御名による言葉を多く聞くことができました。釈義の面で、ヨハネ福音書全体の神学をどこまで個別のテキストに及ぼして解釈するか、という点で議論がありました。
後半は、イミンク先生の『信仰論』の読書会でした(p.343〜p.350)。

次回例会は、下記の通り行います。多くの方々のご参加をお待ちしています。
日時:10月29日(火)午後1時〜4時
会場:日本基督教団福岡中部教会(古屋治雄牧師)
内容:\盒議以垢畔析・批評(説教者:調整中、分析・批評担当:大野恵正先生)
    ◆愎仰論』(F・G・イミンク著)の読書会 p.351〜
会費:1,000円
交通費補助:3,000円を超える額につき、補助があります。

お問い合わせ:日本神の教会連盟佐賀神の教会 牧師 相原典之
関西説教塾から、9月例会の報告と案内です。

9月2日(月) 
  午前の部:説教分析
  午後:読書会 イーヴァント『説教学講義』



次回の予定
10月21日(月)11:00〜神港教会にて
  説教分析 
  読書会

次々回以降
 11月18日(月)午前11:00〜 神港教会にて。

 どうぞ、ご参加下さい。

山田晃美