Archives

You are currently viewing archive for July 2012
塾生各位

先日お知らせしたとおり、ホームぺージ内の塾生の頁を閲覧するためのパスワードを変更しました。

ホームページのURLやIDについては、変更ありません。

ホームページのURLは、http://www.sekkyou.com/ です。

ホームページ内の、塾生のページにアクセスするためのIDとパスワードは

ID :
パスワード :

どうぞアクセスしてみてください。

事務局 吉村和雄



2012/07/29: パスワード変更

「塾生のページ」のパスワードが変更されました。
新しいパスワードは、事務局より塾生にMLを使ってお知らせ致します。
この間、「塾生のページ」のコンテンツの利用が出来ませんがご了承ください。

HP管理者
29日午前中に「塾生のページ」のパスワードを変更いたします。
パスワード変更後、事務局より塾生にMLを使って新しいパスワードをお知らせ致します。
パスワードの変更作業とパスワード変更のお知らせメールの間、「塾生のページ」にあるコンテンツの利用が出来ませんが、ご了承ください。

HP管理者
塾生ページ>説教トレーニングセミナー報告>2012年 盛岡説教者トレーニングセミナー・東京神学大学学生説教塾セミナー
  http://www.sekkyou.com/jp/membersite/03-07-00/2012-tohoku.php


 ●加藤常昭による詩篇第130篇の説教「深みにて神を呼ぶ確かさ」(mp3)
 ●詩篇第130篇 説教 (docx)
をアップ致しました。


皆さまへ

東京例会世話人の後藤です。

 7月の例会後、例会の議論を受けて、東京説教塾委員会が開かれ、今後の具体的な予定を立てましたのでお知らせいたします。

 初めは、委員会のメンバーがはじめに発表担当に入りましたが、未定のとろこは、これから例会に出席している塾生に依頼してまいりますので、よろしくお願いします。

 今後の東京説教塾例会の日程
   9月10日    
  10月22日    
  11月20―23日 説教シンポジューム
              @東京代々木・国立オリンピック記念青少年センター
              ※お早目の申し込みをお願いします。
  12月10日    
   1月28日    
   2月18日    
   3月18日    




東京説教塾の例会プログラムについて

 7月の例会で、今後の東京説教塾の歩みについて、「何をどのように学びたいか」という主題でグループ討議し、その後、全体で語り合いました。例会終了後、それを受けて東京説教塾委員会がプログラムを作成しました。
 参考として例会で出た意見を大胆に!要約してみます。「多くの塾生が、加藤常昭先生の厳しい評価を受け止めつつ、ヘブライ説教作成によって良い学びを得た」「ヘブライ説教作成の中で自分の課題を知った」「課題として挙がったもの。黙想、説教分析批評力、出来事・伝道の言葉の獲得、聖書の読み方など」「説教作成の学びを継続して、学びを深め課題を克服したい」「説教塾の原点を確認したい」「加藤常昭先生からの要望。説教を学問として『説教学』を学ぶことを忘れないようにして欲しい」
 詳細は例会音声がホームページにアップされましたので、それをお聞き下さい。


【9月10月の例会】
 説教シンポジュームにお招きしたイミンク先生と神学的対話をするために、イミンク先生の著書『Faith』を読みます。
 英語版は書店で手に入ります。また、日本語版『信仰論』は加藤常昭先生が翻訳し、出版作業が進んでおり、9月に刊行予定です。刊行前に読みたい方は、吉村和雄先生にメイルで申し込むと、校正前の原稿をPDFで受け取ることができます。ただし、日本語版が刊行されたらお買い求め下さることが条件です。
 例会では、担当者が読書レポートした後、全体討議をします。

 9月10日 午前 解説と序論 担当        
        午後 1部 担当        
            2部 担当
        
10月22日 午前 3部 担当        
            4部 担当        


【12月10日の例会】
 午前 主題「説教塾が目指す説教――説教塾の原点に立つ――」
     講師:吉村和雄
     テキスト:『説教黙想集成機拿論より
 午後 主題「加藤説教の核心に迫る」
     テキスト:説教塾ブックレット11『まことの説教を求めて』
     内容 .僖優蕁爾砲茲襯謄ストの批評の発表(ひとり20分)
         ∩澗瞭さ
     パネラー 3名
     司会:安井聖
     (説教塾ブックレット販売促進も兼ねております)



【2013年1月以降】
 ヘブライ説教作成で学んだことを生かし、新しいテキストで説教作成の過程を丁寧に学ぶ。塾生主導によって4−6ヶ月で行う予定です。予定は立てましたが、学習進行状況により、次回にずれ込むこともあります。

 テキストフィリピの信徒への手紙 第2章12−18節(『説教黙想集成3』より)

 1月28日 午前 第一の黙想について学ぶ テキスト:『説教黙想集成1』
             担当:宮井岳彦
        午後  ―鈩澄|甘:後藤弘
            ◆仝狂貅甬繊|甘       

 2月18日 午前 釈義について学ぶ
             テキスト:『説教黙想集成1』
             担当:鈴木英夫
        午後 注解書(佐竹明)を読む
             担当:安井聖

 3月18日 午前 第二の黙想について学ぶ
             テキスト:『説教黙想集成1』
             担当:三浦陽子
        午後 説教黙想を読む(『説教黙想集成3』より)
             .ぁ璽凜.鵐函|甘:      
              ケーゼマン 担当:      
             フォークト 担当:      
             ぅ瓮蕁次|甘:      




2012/07/13: 7月東京例会

7月9日に行われた東京説教塾例会の録音です。
今回は資料はありません。よろしくお願いします。

 ●「説教作成の学び」−総括と新しい試み−

 ●「これからの東京説教塾」−協議と今後の展望−


吉村和雄







関西説教塾の例会案内を致します。
関西近郊の方、予定に入れておいてください。
奮ってご参加ください。

7月23日(月)午前11時〜午後4時
場所:日本キリスト改革派 神港教会(阪急神戸線六甲駅、北へ3分)

なお例会の担当
説教分析は、竹田常司牧師(日本キリスト教団熊取伝道所)の説教を禰津省一牧師(改革派、男山教会)が分析。午後の読書会はイミンク先生の「フェイス」(とりあえずは序論)を読みます。高多牧師担当?定例メンバーにはすでに6月15日に高多世話人からPDFが送られています。プリントして持参下さい。また、当日、世話人の方でコピーを準備しておきます。

以上ご連絡します。

栄光在主
禰津省一(広報担当)
説教塾の皆さま

沖縄の平良です。

沖縄説教塾例会を下記の日程で行います。
今回は、2012年沖縄説教塾一泊研修会の話し合いも致しますので、
ぜひ、ご出席ください。

 日時:2012年7月9日(月)2pm
 場所:那覇ホーリネス教会

 内容
  1 .説教分析(紀要「説教」に掲載されている加藤先生の説教「主イエスの如く生きる」(前回添付した資料を用いて下さい。)
  2. 2012年沖縄説教塾一泊研修会のミーティング


沖縄説教塾事務局 
  安慶名バプテスト教会 平良善郎


 
皆様へ

 主の御名を崇めます。梅雨の後半を迎えています。それぞれの御教会での福音宣教と教会形成の業の上に主の豊かな祝福をお祈り致します。

 先日7月3日(火)午後1時半から日本キリスト教団・広島教会にて西中国説教塾の例会が行われました。参加者は8名。特に会場教会の武田先生とご奉仕下さった小林先生にお礼申し上げます。
 
  次回は、9月18日(火)午後1時半から教団・広島教会にて、続けて山口隆康先生の最近の説教を取り上げ説教批評・分析を行う予定です。なお来年に一泊で山口先生をお迎えして研鑽の時が与えられたいとの希望もありました(未定です)。今回参加出来なかった先生も奮ってご参加下さい。

お世話人 改革派平和の君教会 山下朋彦


みなさまへ

北陸説教塾の例会を以下のように予定しています。
2ヶ月に一回、5〜6名が集っています。
今回より、加藤常昭著「愛の手紙・説教」が、読者会のテキストです。
直前のご案内で申し訳ありませんが、皆様の参加を心よりお待ちしています。

◎北陸説教塾例会

  日時:2012年7月9日(月)午後2時ー6時
  場所:日本基督教団 金沢教会
  参加費:無料

  読書会   加藤常昭著「愛の手紙・説教」 教文館 9〜35頁 担当:松島保真牧師(小松教会)
  説教分析  担当:有田典夫牧師(内灘教会)

世話役 松島保真(日本基督教団小松教会)
説教塾の皆さまへ

東京説教塾例会の世話人の後藤弘です。以下のように次週月曜日に例会を開きます。ヘブライ説教の総括と今後の東京例会について話し合います。とても重要な例会になりますので、ぜひ、ご参加くださるようお願い申し上げます。なお、例会後、東京例会運営委員会を開きますので、運営委員の方々はお残り下さい。よろしくお願いします。


東京説教塾、7月例会のご案内
  ‘時:7月9日(月) 午前10時30分から午後4時まで
 ◆‐貊蝓Дリスト品川教会 地下集会室
  プログラム


 【午前】
 主題:ヘブライ説教作成の総括(2011年10月から2012年6月まで東京例会で行った9ヶ月間の学びについて)
 講師:加藤常昭先生
 講師からの要望:次のふたつの点で参加者自身の考えをまとめてきて意見を聞かせて欲しい。 ー遡筺´◆ 崋分にとってどんな学びだったか」(感想・評価・自己批評)


 【午後】
 主題:今後の東京例会についての話し合い
 主題解説:11月のシンポジューム後、東京例会は、加藤先生主導から塾生主導に移行します。そこで東京例 会が目指す、方向性、学び方などを語り合います。進行について:はじめにグループに分かれて語り合い、その後、全体で語り合います。グループリーダー:東京例会運営委員ほか(工藤章洋、後藤弘、鈴木英夫、平野克己、三浦陽子、宮井岳彦、安井聖、吉村和雄 )全体討議の司会:吉村和雄先生


 【例会後】
 東京例会運営委員会を開催します。
 議題:今後の東京例会について(午後の語り会いを踏まえて)
 
北海道説教塾では次のようなセミナーを予定しています.


1. 一からの説教

期間 2012年7月9日、7月10日、7月16日、7月17日 (4日間)
時間 午前10時−午後4時
会場 札幌桑園教会
   札幌市中央区北7条西13丁目  .fax 011-221-1952
講師 河野行秀(札幌桑園教会牧師)、他説教塾教師
テキスト ヨハネによる福音書第11章1−44節 (ラザロの死)
参考書  加藤常昭編集『説教黙想集成』第2巻
会費 4000円 (4回分、資料代、会場費)

札幌桑園教会伝道パンフレット12号として『長老たちは説教する』の題の冊子をつくりました。これは「一からの説教」で学んだ長老たちの説教をまとめたものです。希望者には差し上げます。



2 北海道 説教セミナー

日時  2012年9月3日(月)午後2時 〜 5日(水)午後4時
会場  北二条クラブ
札幌市中央区北2条西21丁目   Tel&Fax 011-643-1141
参加費  20,000円  定員 20名
聖書テキスト 詩編90編
参考書    加藤常昭編集『説教黙想集成』第1巻
指導講師   吉村和雄先生(単立品川キリスト教会牧師)


河野行秀




東北説教塾の皆様  全国説教塾の皆様

東北説教塾例会のお知らせです

場所:日本基督教団 仙台東教会
       仙台市宮城野区原町5−5−33(022−256−1650)
日時:2012年7月23日(月) 13時00分〜16時00分
内容:読書会
    「説教をめぐる知恵の言葉(上)」ジョージ・ハーバード、リチャード・バクスター
    担当者   石井美琴牧師(山形本町教会)
   :説教聴聞  説教者 千田俊昭牧師(旭ヶ丘キリストの教会)

きっと梅雨も明けている時候でしょう。皆様、お集まりください!


代表 高橋和人(仙台東六番丁教会)
事務 中井利洋(仙台東教会)