皆さま

今年の静岡説教塾は、説教塾スクールとして例会を開催することとしました。講師は吉村和雄先生です。

以下、スクールの概要を箇条書きで記します。
  ・テキストは『説教黙想集成3』からヨハネの黙示録21章1-7節
  ・基本的にはリモートでの開催を考えています
  ・第一回は9月1日(火)10時より
    第二回は10月6日(火)11時より
    毎月第一火曜日開催を目安とします
  ・一回の例会の時間を4時間とし、年度内5〜6回
  ・参加者は講師含め12名の予定

黙示録から御言葉に聴き、学ぶことを楽しみにしています。

大橋新


みなさま

13日に東京web例会を開催いたしました。今回は、ひとりの説教者の3編の説教を分析し、説教者のスタイル、あるいはパターン、また癖を見出すことが主題でした。目的は、説教者が殻を破り、説教者が新しくなる手助けをすることです。また分析をする塾生自身の説教の改善も視野にあります。題して「スタイル論」です。ぜひ、お聞きください。


8月は例会はお休みです。

9月例会も続けて「スタイル論」を実施いたします。
渡邊洋子が自主的に手を挙げ、3編の説教を提供してくださることになりました。
  日時:9月14日(月)9時から12時
  後日、追ってご案内いたします。


世話役 後藤弘



説教のスタイル
郷家一二三の説教をめぐって

分析発表と討議 (mp3)
徳田宣義の分析 (pdf)
郷家一二三の説教1 (pdf)
郷家一二三の説教2 (pdf)
郷家一二三の説教3 (pdf)


東京説教塾と他の例会、セミナー記録
http://www.sekkyou.com/jp/branch-tokyo/index.php#kiroku



塾生ページ>共同研究シリーズ>説教分析>説教のスタイル>郷家一二三の説教をめぐって
http://www.sekkyou.com/jp/membersite/03-02-00/index.php#202007




2020/07/14: 沖縄より

説教塾の皆さま


沖縄説教塾7月例会の案内をいたします。

日時:2020年7月20日(月)2pm〜
場所:安慶名バプテスト教会

内容:〜ケ朷柴麩困6/21の説教を分析
   第二回説教塾セミナ−の取り組みについて

※災害、コロナ、様々な苦難とその影響が、人々の心に不安を増幅さている現実の中で、
 祈りと忍耐をもって、共に出来事の言葉を紡ぎだし、語り、伝えていきましょう。

沖縄説教塾事務局
 平良善郎
   
説教の「言葉」をめぐって
  ー バルト、ボーレン、その後のドイツ説教学から学ぶこと ー

2020年6月22日 WEBを通じての東京説教塾の特別例会

     小泉健先生による講演 (mp3)
     講演レジュメ (pdf)


東京説教塾の記録
http://www.sekkyou.com/jp/branch-tokyo/index.php#kiroku

塾生ページ>共同研究シリーズ>海外の説教>ドイツの説教
http://www.sekkyou.com/jp/membersite/03-12-00/index.php#202006





2020/06/16: 沖縄より

沖縄説教塾は、今年の10月12日(月)に「第二回説教塾セミナー」を吉村和雄先生をお招きして、開催する予定でしたが、コロナの影響で開催が難しくなり、中止したいと思います。

来年2月に予定しています、沖縄説教セミナーは今のところ開催予定です。

沖縄説教塾の歩みのために、覚えてお祈りください。

沖縄説教塾 事務局
 平良善郎





2020/06/09: 例会を終えて

これで終わりとしないで、改めて読み直してみてください。そこから生まれる質問があったら提起してください。なんとかして答えます。

来月の例会、郷家牧師が三つの説教を順次、提供されます。それをあらかじめ読んでおいてください。そうでないと勉強についていけませんので。どうぞ、よろしくお願いいたします。



それぞれの伝道者、牧者としての戦いに祝福がありますように。

加藤常昭







説教塾の皆さま

主の御名を賛美いたします。

6月、7月の読書会の日程変更について申し上げます。
当初、6月16日(火)、30日(火)、7月14日(火)、28日(火)を予定しておりましたが、以下にように変更させて頂きます。

 次回は変更せず、予定通り、
  6月16日(火) 午後2時から午後5時

 その次は、7月になります。
  7月7日(火) 午後2時から午後5時
  7月21日(火) 午後2時から午後5時

 8月は夏休みといたします。

どうぞ宜しくお願いいたします。


 主にありて

読書会世話人 田村毅朗

みなさま

昨日、東京web例会が行われました。全国から30数人の参加でした。今回は関西説教塾に訪問する形で行いました。webミーティングの利点が生かされました。関西説教塾のみなさん、ありがとうございました。


次回の例会は、6月22日(月)にwebミーティングで開催いたします。
 時間:9時から12時
 プログラム:小泉健先生の講演と応答の語り合い
 講演題「説教の『言葉』をめぐって――バルト、ボーレン、その後のドイツ説教学から学ぶこと」

 良き学びを共にしましょう。



7月の例会は13日の一回だけになります。

 日時:7月13日(月)9時から12時
 主題:スタイル論
 プログラム:郷家一二三がなさった3編の説教を提供してくだいます。
        それを徳田宣義が「スタイル論」の視点から分析をします。

3編の説教から、説教者のパターンを分析し、説教改善を目指します。
加藤談「説教者は毎週日曜日まで説教を作らなければならない。それが説教者を不自由にし、急ぎ足になってしまっている。結局、決まったパターンで説教作成してしまう。なかなか自分のパターンを壊すことができないでいる。私の説教も含め説教批評してきたが、どうも論評で終わっている。血を流すような学びになっていない。説教を磨き上げるトレーニングをしなければならないと思う。説教者は『血を流さなければ変われない!パターンを壊そう!』」

ミーティングは3時間だけですので、当日は説教を読むことはしません。参加者には、提供される3編の郷家説教を例会前に読んで、郷家説教のパターンを分析してきていただきます。例会は、はじめに徳田分析を聞いてすぐに共同討議に入ります。郷家説教を分析させていただいて、自分の説教を磨き上げましょう。


8月の例会はお休みします。


以上

世話人 後藤弘

みなさま

説教塾のwebミーティングの6月の予定です。

   6月8日(月)例会 9時〜12時
   6月16日(火)読書会 14時〜17時
   6月22日(月)東京例会 9時〜12時
   6月30日(火)読書会 14時〜17時
   お間違いのないよう、また積極的にご参加ください。



さて、6月8日のweb例会のご案内です。

日程:2020年6月8日
時間:午前9時から正午まで
方法:web例会

プログラム
毎年6月に全国説教塾委員会がもたれます。決まって説教塾間の交流をしましょうという提案がなされます。しかしながら、なかなか実現していないのが実情です。しかし、今回、webミーティングだからこそ、交わりが実現します。主催は東京説教塾ですが、関西説教塾に訪問して例会を持つ形になりました。いつもは違う関西の雰囲気で議論できたらと思っています。とても楽しみです。分析原稿を添付しましたので、読んでから参加いただければ熱い議論となるでしょう。心を打つ説教が取り上げられています。コロナ危機のなかで聴くからこそよりリアリティをもって学ぶことができます。どうぞ、ふるってご参加ください。

   主題:ヘルムート・ゴルヴィツァー説教を学ぶ
   説教:ルカによる福音書19章41−44節
   出典:『ドイツ告白教会の説教』加藤常昭篇、177頁
   分析:山田晃美
   司会:禰津省一





続く6月22日の例会も、web例会になります。時間などの詳細は8日と同じです。この例会は、小泉健先生に講演していただいて、みんなで分かち合い語り合いたいと思っています。小泉健先生から講演の題とコメントが届きましたので報告します。

講演題「説教の『言葉』をめぐって――バルト、ボーレン、その後のドイツ説教学から学ぶこと」

小泉健先生からのコメント:加藤先生が投げかけてくださった「スタイル」のことともつながることだと思うのですが、説教の語りを通して、神との交わりが生み出される、ということを考えてみたいと思います。

加藤先生の「スタイル論」とともに、読書会での学びにも重なるところがあると思いますので、よい学びになるでしょう。乞うご期待!

以上、世話役 後藤弘