説教塾のみなさま


東京7月例会の報告です。

予定通り以下のプログラムで行うことが出来ました。

日時:7月9日(月)10:30-16:00
会場:キリスト品川教会 地下ホール
主題:説教作成報告――第一の黙想から説教まで
担当:郷家一二三
テキスト:イザヤ63:15-19、ガラテヤ4:1-11
参加者:31名
詳細は田村毅朗先生がしてくださいました。感謝します。
郷家先生、そして、体調が厳しい中でご指導をしてくださった加藤先生、ありがとうございました。




これからの東京例会のご案内

9月例会
日時:9月10日 10:30〜16:00
主題:1〜7月の説教作成報告の総括
目的:報告者が反省、自己批判を含めて語り、討論をし、これからの例会の学びの方向を尋ねる
プログラム
午前:報告者7名の自己反省発表と質疑応答
午後:パネルディスカッション(報告者+加藤常昭先生+司会者)、共同討議
会場:キリスト品川教会 地下ホール
参加費:500円



10・11月例会は公開講演会として行います。

霊性、スピリチュアリティなど、教会に関わらずいろいろな霊性論が語られています。またオウム事件によって霊性論はますます混迷を深めています。私たちのメイリングリストにおいても関心が高まってきています。この機を逃さず、加藤常昭先生が「福音主義霊性論」として、教会に受け継がれてきている霊性論を「福音主義霊性論」として明確に語ってくださいます。この「福音主義霊性論」は、加藤先生が長い時間をかけて思索し続けてこられたものですから、1回の講演では語り尽くせませんので、2回にわたって時間をかけて丁寧に講演してくださいます。キリストの教会の霊性論の重要な指針になる大切な講演になるでしょう。

作成中の案内ちらしに掲載する招きの言葉です。
「今、キリスト教会の内外で、様々な霊性論が語られています。加藤常昭先生が、日本のプロテスタント教会に流れてきた、植村正久以来の霊性論の系譜を辿りつつ、私どもとともに、福音に根ざす霊性論に生きる道を尋ねます。共に学び、考えましょう。」

加藤常昭先生の最後の公開講演会になる可能性が無きにしも非ずです。どうぞ、今から予定を入れて、ぜひ、足を運んでくださるようお勧めします。

日時:10月15日・11月19日 10:30〜16:00
主題:福音主義霊性論
講演:加藤常昭(神学者)
会場:キリスト品川教会



12月は通常の例会を3日に開催します。



最後に2019年の東京例会の日程をお知らせします。
今から例会スケジュールを最優先にして共に学びを深めてまいりましょう。

1月21〜24日、裾野リトリート
1月28日
2月25日(@代田教会)
3月18日
4月15日
5月13〜16日、東京セミナー
5月20日
6月17日(例会後、全国委員会)
7月8日
8月は休み
9月9日
10月21日
11月18日
12月2日

世話人 後藤弘


2018年7月例会記録
郷家一二三の説教

   午前中の討議 (mp3)
   午後の討議 (mp3)
   説教本文 (pdf)
   第一の黙想・釈義・第二の黙想 (pdf)

http://www.sekkyou.com/jp/membersite/03-08-00/index.php#201807

2018/07/10: 信州説教塾報告

説教塾の皆様

7月9日(月)に信州説教塾の例会を行いました。
 出席者は初参加1名を含め、9名でした。交わりに感謝。

1.午前の部 説教黙想集成を共同黙想した後、J.Hイーヴァントを読んだ。
2.午後の部 今井裕子の説教を聴き、第一印象を述べました。
  第一印象を述べた後、川村満が事前に分析した資料が配布された。



次回の例会は、10月29日(月)10:30から、於松本東教会、となります。

信州に赴任される方に、ぜひお誘いいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

信州説教塾 伊藤智
東北説教塾の皆様
全国説教塾の皆様

本日、東北説教塾例会が行われました。
事前開催の案内を出せなかったせいか、5名の参加。
旭ヶ丘キリストの教会で、13時から16時まで開催。

千田俊昭の説教を中井利洋が分析批評しました。連続講解説教されているヨハネによる福音書から第4章43ー54節、「信じるは奇蹟か、御言か」と題された説教を聴きました。
そのあと全国委員会の報告と「説教への道」の輪読をしました。

次回について、早めに予告します。
8月はお休みで、9月14日(金)に日本基督教団名取教会で
13時から16時にかけて行います。
中井利洋の説教を瀬谷寛が分析します。

ぜひご出席ください。

世話人 中井利洋
東京近郊ならびに全国のみなさま

東京の7月例会の案内をいたします。

1月から始まった説教作成報告の最終回です。毎回、大切な学びを重ねてきました。今回は郷家先生が報告してくださいます。ともに謙遜に耳を傾け、豊かな議論をし、実り多い学びにしましょう。ぜひ、お越しください。

日時:7月9日(月)10:30-
会場:キリスト品川教会 地下ホール
主題:説教作成報告――第一の黙想から説教まで
担当:郷家一二三
テキスト:イザヤ63:15-19、ガラテヤ4:1-11
会費:500円


世話役 後藤弘

皆さまへ、

梅雨明けの晴天下、主日礼拝を祝福のなかで過ごされたことと感謝します。
さて、上記のご案内を添付しますので宜しくお願い致します。昨年までは鎌倉セミナーの名称のもとで実施しておりましたものを東京で実施することになりました。いくつかの注意事項がありますのでご確認のうえお申し込みください。

以上

世話人 戸村 甚栄

案内:20180903.docx
皆様

北陸説教塾例会の日程をご案内いたします。
直前のご連絡となりましたが、北陸方面にお知り合いがありましたらお勧めください。
よろしくお願い致します。

日時 6月28日(木)午後2時〜5時   
会場 金沢教会
読書レポート 加藤常昭著「出来事の言葉・説教」第2章後半 担当:蔦田崇志
説教分析 ルカによる福音書23:39−43 「まことの近いパラダイス」(加藤常昭説教全集) 担当:井ノ川勝

世話人 松島保真



2018/06/23: 信州説教塾報告

教塾の皆様

5月14日(月)に信州説教塾の例会を行いました。出席者は初参加3名を含め、8名でした。
初参加者は、今井裕子 永瀬克彦 朴大信

1.午前の部 説教黙想集成 ヨハネによる福音書第1章1-14節を共同黙想した後、KHミス͡コッテを読んだ。
2.午後の部 伊藤智の説教を聴き、第一印象を述べました。
  第一印象を述べた後、石坂和久が分析を発表。




次回の例会は、

日時:2018年7月9日(月)午前10時半
場所:松本東教会
内容:『説教黙想集成』を読む
   今井裕子の説教分析・批評
   分析担当:川村満

信州に赴任される方に、ぜひお誘いいただければと思います。
よろしくお願いいたします。


伊藤 智




各位

主の御名を賛美します。
7月2日から行われる
名古屋説教者トレーニングセミナーの締切が、
明日となりました。
ご参加予定の方は、私にお知らせくださいますよう、
お願いいたします。

現在のところ10名の参加者となっておりますが、
施設としては、まだまだご利用できる余地がございます。
ぜひ、奮ってご参加ください。
よろしくお願いいたします。

主にありて 木下喜也



2018/06/22: 東京 例会報告

後藤です。

みなさま

昨日、行われた東京6月例会の報告をします。また、例会後から本日昼まで行われた説教塾全国委員会も無事終えることができました。

主題:説教作成報告――第一の黙想から説教まで
テキスト:マタイによる福音書第25章1−13節
担当:宮井岳彦


この主題を1月から始めて今回で6回目です。

これまでは、説教を聞くことから始めましたが、今回は第一の黙想から釈義・第二の黙想と辿り、最後に説教を聞きました。説教の第一印象は説教者の情熱が感じられるという高評価と分かりにくい点を指摘したものがありました。第一の黙想から始めたので、説教の分析と批評にかける時間が足らなくなってしまったことを反省しています。しかしながら、一日かけてひとつの説教作成過程を分析吟味することは、説教者だけでなく参加者自身の説教作成を再吟味することになり、良い学びになっております。何よりも加藤常昭先生の急所を突く分析に多くを学ばされています。私個人としては、自分の説教を分析批判しながら書くことの難しさを思いました。加藤常昭先生にご労苦をかけてしまいますが、次回の
例会にさらなる期待をしたいと思います。

東京説教塾運営委員へ、7月例会後、運営委員会を開催しますので、よろしくお願いします。議題は9月以降のプログラム、来年の日程などです。



○ 7月例会の予定です

日時:7月9日(月)10:30-
会場:キリスト品川教会 地下ホール
主題:説教作成報告――第一の黙想から説教まで
担当:郷家一二三
テキスト:イザヤ63:15-19、ガラテヤ4:1-11
会費:500円


世話役 後藤弘