説教塾のみなさま

東京説教塾主催の《秋の講演会》のご案内を致します。毎秋、東京例会は、講師を招いて公開講演会を開催しています。オンライン配信も行う予定です。この状況下、それぞれの環境によって参加方法をご判断ください。浅野淳博先生はパウロ研究を専門としています。パウロ研究の深さを納得なさるでしょう。説教者としてパウロ理解が深められることを期待してご参加ください。

日程:10月12日(月)
会場:キリスト品川教会(オンライン配信あり)
講師:浅野淳博先生

プログラム
10時30分       開会
10時40分から12時10分 講演1「パウロの福音を語るI:パウロの回心」
12時10分から12時30分 質疑
昼食休憩
13時30分から15時00分 講演2「パウロの福音を語るII:イエスの記憶」
15時00分から15時50分 質疑と討論
15時50分から16時 閉会


講師プロフィール 浅野淳博(あさのあつひろ)1960年、島根県松江市生まれ。明治大学を卒業後、米国のフラー神学校で修士課程、オックスフォード大学で博士課程を修了。現在、関西学院大学教授、西日本新約聖書学会会長。「異邦人の使徒」と呼ばれるパウロとその書簡を研究している。著書に『NTJ新約聖書注解 ガラテヤ書簡』(日本キリスト教団出版局)、共著に『新約聖書解釈の手引き』(同)などがあり、昨年3月。翻訳したジェイムズ・D・G・ダン著『使徒パウロの神学』(教文館)が刊行された。

世話役 後藤弘