説教塾の皆様に

夏の説教セミナーの案内が繰り返されております。説教塾の学びの中核になるものです。今まで参加したことのない方も是非、どれかひとつに参加してください。もちろん何度でも参加できます。旅費の援助を説教塾でします。お申し出ください。恵まれた体験をされることは間違いありません。

5月13日から4日間、東京小金井の聖霊修道院で行われます。世話をするのは後藤修です。リーダーは吉村和雄です。申し込みは今週中です。ヨハネの黙示録 第21章1〜7節の説教を学びます。黙示録の説教を学ぶのは珍しいですね。小金井駅から徒歩で行くことができます。通いでも参加できます。部分参加もできます。

7月1日から4日までの4日間、名古屋の南山学園研修センターでセミナーをします。ローマの信徒への手紙第5章1−11節の説教を学びます。世話をするのは名古屋の木下喜也です。申し込み事務は始まっています。参加者皆で協力して学びます。説教塾の学びを経験している方たちが多いので、中心になってくれるでしょう。はりきっておられます。日本語の注解書、説教も多いし、英語でもすてきな注解書をいくつも読むことができます。西日本の方たちには参加しやすいでしょう。

8月5日から5日間、小金井の聖霊修道院で行います。私が参加します。世話役は戸村甚榮です。申し込みはまです。聖書テキストは名古屋と同じです。資料を私が用意します。



ついでのことです。今月14日、鎌倉雪ノ下教会で説教をしました。ローマの信徒への手紙第5章1−11節を語りました。鎌倉雪ノ下教会のホームページで聴けるので聴いていただけたらと案内したのです。あまり反響も聞かず、批判もないので、少々がっかりしています。今 与えられている力のすべてを注いだつもりの渾身の説教でしたので。私の説教全集にも載っています。しかし、私は、それはゆるみのある、たるんだ説教であったと自己批判をし、悔い改めております。今回、ようやく少し償いをしたつもりです。もっともあまりにも豊かなみ言葉で、すべてを尽くすことはできず、今回も、その急所の「希望」を時語ることができずにすませてしまいました。その流れで、8月にはご一緒に学ぼうと思っているのです。

    加藤常昭