東京近郊そして全国の塾生のみなさま
東京世話人の後藤です。

東京説教塾の5月例会のご案内をいたします。

5月と7月は説教分析批判を行います。
対象となる説教は説教塾で出版した説教集『いつも喜びをもって』に掲載されている説教です。
せっかく出版した説教集ですから、熟読せずそのまま放っておくわけにはいきません。
説教塾が熟読する方法はもちろん分析批判です。
しかしながら、すべての説教を扱うわけにはいきませんので、担当者が分析したいと思った説教を扱います。
説教者がこれこそ私の説教ですと投稿したものですから、分析批判はより深いものになるでしょう。

5月例会は以下の要項で行います。

なお、7月例会の分析者をもうひとり募集中です。東京例会で発表する恵みはとても大きく深く、説教者として成長するチャンスです。加藤先生の批評を直接受けることができる貴重な機会を逃さないでください。希望される方は連絡をお願いします。東京以外の塾生の申し出も大歓迎です。

日時:5月20日(月)10;30〜16:00
会場:キリスト品川教会 地下ホール
会費:500円

プログラム
午前
分析担当:工藤章弘
説教:加藤常昭『主イエス・キリストの恵みを映す言葉を』エフェソ4:25−32

午後
分析担当:中井利洋
説教:郷家一二三『獄中でひざまずくパウロの隣で』エフェソ3:14−21