説教塾の皆様

11月6日(月)に例会が行われました。参加者は7名でした。

午前中は、いつもの『説教黙想集成』ではなく、11月に予定されている説教塾30周年
記念シンポジウムで、私が発表することになっている原稿を見てもらいました。「説
教分析」に関する発題で、北九州・長崎説教塾の皆様が、後半のところで具体的な説
教分析をしてくださる予定です。

午前の終わりから午後にかけて、横井伸夫先生(教団長野教会)の説教分析・批評を
行いました(ヨハネ1:1-14)。第一印象としては、「ここにいる幸いを覚えた」とい
うものや、「受けとめ切れない」というものもありました。今回は横井先生から事前
に原稿をいただき、私が説教分析を事前に行い、それを皆で共有することから始めま
した。譬えの用い方や、ヨハネのテキストに沿って語っていくことの大事さなどを、
個人的には学ぶことができました。

さて、次回以降の例会ですが、
1月22日(月)、10時半から、於松本東教会(川村満先生(教団諏訪教会)の説教
を伊藤智先生(教団長野本郷教会)が分析する)
3月5日(月)、10時半から、於松本東教会(担当未定)
です。

以上です。
クリスマスに向けての歩みに祝福を祈ります。

松本東教会 本城仰太