みなさま

秋の講演会の大綱が決まりましたのでお知らせします。今年も、とてもすてきな方を迎えることができることをうれしく思います。説教塾は、これまでもローマ・カトリック教会の雨宮慧神父、山岡三治神父との交流がありました。その次の世代の方とも交流を持つことができることは、とてもうれしいことです。対面式とZoomのハイブリッド方式で行います。今からご予定ください。

説教塾・秋の講演会
日時:12月6日(月)午前10時30分から午後4時まで(休憩時間1時間を含む)
会場:キリスト品川教会
(なお、ハイブリッド方式でZoomでも参加できるようにする)
講師:イエズス会司祭英隆一郎神父(はなふさ・りゅういちろう。「隆」は異体字)
講演題:「説教のあり方を見つめ直す−カトリックの立場から」
(講話1「説教と環境」 講話2「説教と秘跡」)

《ご紹介》
英隆一郎神父の専門は霊性神学。ロヨラの『霊操』を大切にしながら、多くの信徒たちの黙想指導をリードしてこられました。現在は、四谷にある麹町教会(聖イグナチオ教会)の主任司祭を務めておられます。当日は、午前・午後とも、1時間の講話ののち1時間の話し合いの時間を設けてくださいました。「黙想」をカトリック教会ではどのように捉えているのか、聖書を読むこと・聖書を語ること、現代のカトリック教会の動静や日本における取り組みなど、今から興味は尽きません。

英神父のオフィシャルサイトはこちらから
https://hanafusa-fukuin.com


平野克己