説教塾の方たちに

九月に入るとすぐ始まる新しいプログラムのために以下の提案をします。説教塾の学びが実質的に深められるために、ぜひ多くの方の積極的参加をお願いいたします。

第1に、説教の学びです。もう一度パウロの言葉を学びます。コリントの信徒への手紙2第6章1−10節とします。今回は金沢元町教会の大澤牧師と東京の桜新町教会の徳田牧師がお世話してくださいます。おふたりからセミナーの開催期間、開催時間などについて改めて決めていただき、募集が始まると思います。お待ちください。開催についてご意見があったら、加藤を含む3人の誰かにお寄せください。

第2に読書会ですが、ひとつは熱烈な希望も寄せられているボーレンの『説教学1』を読みます。もう一つの読書会は拙著『愛の手紙・説教』を読むことにしました。これは、先の読書会で読み終えた『説教論』に続き、説教の基本に関わるもので説教塾の基本的課題を論じているもので適当だと思います。テキストをまだお持ちでない方は、各自で入手してください。こちらは江古田教会の中井牧師、東村山教会の田村牧師が世話人です。おふたりから日程などについて連絡があると思います。

とりあえずテキストについてご報告します。待っておられたと思いましたので、とりあえず。

主の平安を祈ります。

加藤常昭